高原にて

著者 : 堀辰雄
出版社 : 三和書籍
(0 レビュー)

書籍詳細情報

  • カテゴリー :
    文豪
  • 言語 :
    日本語
  • 出版日 :
  • ページ数 :
    1 ページ
  • サイズ :
    5 KB
  • ISBN :
    -
  • 関連印刷ISBN :

説明

更新

著者について

堀 辰雄(ほり たつお、1904年(明治37年)12月28日 - 1953年(昭和28年)5月28日)は、日本の小説家。それまで私小説的となっていた日本の小説の流れの中に、意識的にフィクションによる「作りもの」としてのロマン(西洋流の小説)という文学形式を確立しようとした。フランス文学の心理主義を積極的に取り入れ、日本の古典や王朝女流文学にも新しい生命を見出し、それらを融合させることによって独自の文学世界を創造した。肺結核を病み、軽井沢に療養することも度々あり、そこを舞台にした作品を多く残した。戦時下の不安な時代に、時流に安易に迎合しない堀の作風は、後進の世代の立原道造、中村真一郎、福永武彦、丸岡明などから支持され、彼らは堀の弟子のような存在として知られている。戦争末期からは結核の症状が悪化し、戦後はほとんど作品の発表もできず、闘病生活を送り48歳で死去した。(ウィキペディアより引用 2021年7月20日閲覧)
もっと見る
書籍購入
価格¥ 100
試し読み

関連する本

巴里の手紙

堀辰雄、リルケ
¥ 100

雉子日記

堀辰雄
¥ 100

楡の家

堀辰雄
¥ 100

曠野

堀辰雄
¥ 100

姨捨記

堀辰雄
¥ 100

姨捨

堀辰雄
¥ 100

匈奴の森など

堀辰雄
¥ 100

炉辺

堀辰雄
¥ 100

緑葉歎

堀辰雄
¥ 100

旅の絵

堀辰雄
¥ 100

葉桜日記

堀辰雄
¥ 100

幼年時代

堀辰雄
¥ 100
プレビュー - 高原にて