面発光レーザーの原理と応用システム

著者 : 伊賀健一、波多腰玄一
出版社 : アドコム・メディア株式会社
(0 レビュー)

書籍詳細情報

  • カテゴリー :
    科学技術
  • 言語 :
    日本語
  • 出版日 :
    2020/09/25
  • ページ数 :
    261 ページ
  • サイズ :
    29,349 KB
  • ISBN :
    978-4-915851-74-2
  • 関連印刷ISBN :

説明

【収録内容 - 概要】
面発光レーザー(VCSEL)の基礎と応用を,『光エレクトロニクスの玉手箱』各巻から抽出して1冊の電子書籍にまとめました。最新技術の発展と応用も加わり,この1冊で面発光レーザーの全容がわかります。
【収録内容 - 目次】
第1章 面発光レーザーの出現
第2章 面発光レーザーの基礎特性
第3章 面発光レーザーのダイナミクス
第4章 面発光レーザーのデバイス技術
第5章 近赤外波長帯面発光レーザー
第6章 赤色波長帯の面発光レーザー
第7章 青・緑色波長帯面発光レーザー
第8章 長波長帯の面発光レーザー
第9章 面発光レーザーの高機能化
第10章 面発光レーザーの波長掃引
第11章 面発光レーザーのアレイ化技術
第12章 微小共振器と自然放出制御
第13章 面発光レーザーとフォトン
第14章 面発光レーザーの応用

もっと見る

著者について

【伊賀健一(いがけんいち) Kenichi Iga】 1959年広島大学附属高等学校卒業。1963年東京工業大学 理工学部卒業,1968年同大学院博士課程修了(工学博士)。 同年より,東工大精密工学研究所に助手として勤務,1974 年助教授,1984年教授に就任。面発光レーザー,微小光 学の研究に従事。1979-1980 年ベル研究所客員。2001 年 東工大名誉教授。2001-2007年日本学術振興会理事,2007- 2012 年東工大・学長。応用物理学会フェロー/微小光学研究会代表。電子情報 通信学会名誉員・フェロー・会長(2002 年度)。レーザー学会フェロー。紫緩褒 章,東レ科学賞,市村学術賞(功績賞),朝日賞,藤原賞,C&C 賞など受賞多 数。2013年フランクリン賞(ゴールドメダル・バウワー賞),2018年瑞宝重光章。 趣味はコントラバス演奏(町田フィルハーモニー交響楽団所属,町田フィル・バ ロック合奏団主宰),2001 年から波多腰玄一氏(ピアノ)と“Duo21”で演奏。 【波多腰玄一(はたこしげんいち) Genichi Hatakoshi】 1968年長野県松本深志高等学校卒業。1980年東京大学大 学院工学系研究科博士課程修了(工学博士)。同年より, 東京芝浦電気株式会社総合研究所(現・株式会社東芝研究 開発センター)勤務。光デバイス,光半導体デバイスの研 究開発に従事。2003年から2014年まで,東芝リサーチ・ コンサルティング株式会社フェロー。2006-2009年の間, 科学技術振興機構研究開発戦略センターフェロー。2015年より早稲田大学非常 勤講師。日本学術振興会光電相互変換第125 委員会名誉委員。ISO/TC172/SC9 国内対策部会議長。応用物理学会フェロー/微小光学研究会・運営副委員長。応 用物理学会光学論文賞,大河内記念技術賞,文部科学大臣表彰科学技術賞(開 発部門),日本学術振興会・光電相互変換第125 委員会功労賞など受賞。趣味は ピアノ,志音会オーケストラ所属(ヴァイオリン)。
もっと見る
書籍購入
価格¥ 2,200
試し読み

関連する本

光エレクトロニクスの玉手箱Ⅳ

伊賀健一、波多腰玄一
¥ 2,000

光エレクトロニクスの玉手箱Ⅳ

伊賀健一、波多腰玄一
¥ 2,000

光エレクトロニクスの玉手箱Ⅲ

伊賀健一、波多腰玄一
¥ 2,000

光エレクトロニクスの玉手箱Ⅲ

伊賀健一、波多腰玄一
¥ 2,000

光エレクトロニクスの玉手箱Ⅱ

伊賀健一、波多腰玄一
¥ 2,000

光エレクトロニクスの玉手箱Ⅱ

伊賀健一、波多腰玄一
¥ 2,000

光エレクトロニクスの玉手箱Ⅰ

伊賀健一、波多腰玄一
¥ 2,000

光エレクトロニクスの玉手箱Ⅰ

伊賀健一、波多腰玄一
¥ 2,000