阿部定さんの印象

著者 : 坂口安吾
出版社 : 三和書籍
(0 レビュー)

書籍詳細情報

  • カテゴリー :
    文豪
  • 言語 :
    日本語
  • 出版日 :
  • ページ数 :
    2 ページ
  • サイズ :
    8 KB
  • ISBN :
    -
  • 関連印刷ISBN :

説明

更新

著者について

坂口 安吾(さかぐち あんご、1906年〈明治39年〉10月20日 - 1955年〈昭和30年〉2月17日)は、日本の小説家、評論家、随筆家。本名は坂口 炳五(さかぐち へいご)。昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学を代表する作家の一人である。新潟県新潟市出身。東洋大学印度哲学倫理学科卒業。アテネ・フランセでフランス語習得。純文学のみならず、歴史小説や推理小説も執筆し、文芸や時代風俗から古代歴史まで広範に材を採る随筆など、多彩な活動をした。戦前はファルス的ナンセンス作品『風博士』で文壇に注目され、一時低迷した後、終戦直後に発表した『堕落論』『白痴』により時代の寵児となり、太宰治、織田作之助、石川淳らと共に、無頼派・新戯作派と呼ばれ地歩を築いた。文学においての新人賞である芥川龍之介賞の選考委員を第21回から第31回の間務め松本清張、辻亮一、五味康祐などの作家を推した。歴史小説では黒田如水を主人公とした『二流の人』、推理小説では『不連続殺人事件』が注目された。(ウィキペディアより引用 2021年6月2日閲覧)
もっと見る
書籍購入
価格¥ 100
試し読み

関連する本

霓博士の廃頽

坂口安吾
¥ 100

咢堂小論

坂口安吾
¥ 100

淪落の青春

坂口安吾
¥ 100

梟雄

坂口安吾
¥ 100

吝嗇神の宿

坂口安吾
¥ 100

傲慢な眼

坂口安吾
¥ 100

老嫗面

坂口安吾
¥ 100

狼園

坂口安吾
¥ 100

露の答

坂口安吾
¥ 100

恋愛論

坂口安吾
¥ 100

恋をしに行く

坂口安吾
¥ 100

歴史と現実

坂口安吾
¥ 100
プレビュー - 阿部定さんの印象